読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Knowledge As Practice

JAIST(東京)でサービス経営の研究をしている社会人大学院生の研究・勉強メモ(統計分析多め)。

顧客エンゲージメントが生まれた背景がわかる論稿

読んだ論文 顧客エンゲージメント

今回読んだのは、Verhoef et al.(2010)*1 です。タイトルは ”Customer engagement as a new perspective in customer management”。日本語だと「顧客管理における新しい視点としての顧客エンゲージメント」。

 
JSR の顧客エンゲージメントが特集された号の巻頭言的な論稿で「今号はこんな論文が載っているよ。それぞれの論文にはつながりがあるよ」という説明文書といった感じです。参考になったのは、顧客管理(CM:Customer Management)の発展の流れから顧客エンゲージメントが生まれた背景を説明してくれるところです。

CM ・ CRM は(導入の失敗で)企業の受けが悪いけれども、現代はそれなしでは考えられない。アカデミックな CM の研究領域には2つの大きな流れがある。1つは顧客を企業にとっての資産と見ること。それをどう測り、評価するのか、先行条件や成果はどんなものがあるのかを調べることが主な目的。もう1つは CM の実践方法を調べること。つまり、CM のメカニズムやドライバーを研究する。

 
CM の歴史を超簡単に振り返ったあとに、顧客エンゲージメントの大切さを語ります。顧客が他の顧客や企業と簡単につながれる社会になったいま、商品やサービスの購入だけに焦点を当てるのではなく、購入外のことを考えたほうがよい、と。顧客エンゲージメントとは、顧客の購入外の多様な行動を指します(この論稿では)。例えば、口コミ、ブログ、ランク付け(評価)など。

 
その後、掲載されている論文のつながりを図示して(下図)、顧客エンゲージメントは実りある新しい研究に必ずなるよ、といいます。

f:id:hikaru1122:20150801183534p:plain
出所:Verhoef et al.(2010)

 

★  ★  ★

サービス・ドミナント・ロジックでいう使用価値・文脈価値を考える際、顧客の購入後の行動を考えることが重要だろうと思っています。そこで、これまで顧客エンゲージメント論の先行研究を読んできました。これでだいたい主要な文献は読めました。ただ、もっと理解は深める必要を感じています。

 
あと、なかなか日本語の研究は見当たりません。探し方が悪いのか「エンゲージメント」という言葉が使われていないのか。ちょっと考えてみます。

*1:Verhoef, P. C., Reinartz, W. J., & Krafft, M. (2010). Customer engagement as a new perspective in customer management. Journal of Service Research, 13(3), 247-252.

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。