読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Knowledge As Practice

JAIST(東京)で Transformative Service Research に取り組んでる社会人大学院生の研究・勉強メモ

サービス学会 国内大会 第4回@神戸に参加してきました

ここ最近、統計の勉強そっちのけでずっと参加報告ばかりですが、そういう時期なんです…。2016年3月28~29日に神戸大学で開催されたサービス学会第4回国内大会に参加しました。実際に参加したのは29日だけです。本当は2日間にしたかったんですが、仕事やら何やらで1日に…。社会人学生あるあるです。

 
今回のサービス学会 国内大会の概要はこちら。
http://ja.serviceology.org/events/domestic2016.html

 
サービス学会はマーケティング学会と同様、実務家がとっても多いです。なので、社会人学生*1も参加しやすい。発表もいろいろ。完全に数理なものもあれば、現場密着の発表もあります。分野も幅広い。どちらかというと工学系が多いですが、経営系もがんばっています。大会プログラムは誰でも見ることができるので、見てみてください。

 
個人的には、ポスター発表が好き。直接いろいろと質問できるので。自分のフィールドの歯科医院に関する研究がいくつかあったのは驚きでした。自分くらいしかやってないだろうと思っていたので。

 
なお今回参加して、いちばん印象に残ったのが、学会長がいちばん前の席に座って積極的に質問をされていたことです。これは学会長より年下の自分が後ろの席でこそこそ聞いている場合ではないな、と反省した次第。今年度はがんばります…。

*1:まあ、実務家ですから当たり前なのですが。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。