読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Knowledge As Practice

JAIST(東京)でサービス経営の研究をしている社会人大学院生の研究・勉強メモ(統計分析多め)。

いい意味でしつこい説明がためになる。『図解・ベイズ統計「超」入門』

書籍紹介

どこかのブログで(どこかは忘れました。ゴメンナサイ)、「名著だ」と書かれてありましたので『図解・ベイズ統計「超」入門』を読んでみました。実はこの本は以前に購入した記憶があります。

 
でも、引っ越し作業で行方不明に。ちょうど『基礎からのベイズ統計学』を読み進めている途中ですし、基本事項のおさらいによいだろうということで一読。

 
『図解・ベイズ~』は『基礎からの~』の第1章と第2章の少しをカバーしています。とにかくわかりやすいです。わかりやすい、というよりも「丁寧」という言葉のほうがふさわしいかもしれません。

 
本の中で「ケン」という人物が出てきますが、ものわかりがわるい。「先生」の解説も「わかりません」を何度も繰り返し、「先生」はその都度、説明を変えてくれます。

 
しつこい(いい意味で)説明のおかげで、同じ言葉が繰り返されベイズの基本的な用語・考えに慣れることができます。『基礎からのベイズ統計学』の第1章を読んでみて難しさを感じた人にはオススメの本です。

ぜひ読んでみてください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。