Knowledge As Practice

JAIST(東京)で Transformative Service Research に取り組んでる社会人大学院生の研究・勉強メモ

階層モデルでロバストな推定を試す

【追記】 「外れ値の確認」の項目を追記しました。 以前『データ分析をマスターする〜』の9章を階層モデルを使って分析しました。しかし,ちょっと気になることがあったので,再分析してみます。なお,本エントリーは Stan Advent Calendar 2017 の9日目です…

RStudio Cloud による社会人学生への統計教育の実践

Hijiyama.R the Final で LT をしてきました。LT のタイトルは「RStudio Cloud による社会人学生への統計教育の実践」です。RStudio Cloud を使えば,みんな同じ環境でRに触れることができるよ,という内容でした。 月1ペースで社会人学生で統計分析の勉強会…

経営学における階層モデルの使われ方

2017年10月28日 関大梅田キャンパス Kandai MeRise で Kobe.R annex(犬4匹本輪読会)第2回を開催しました! 参加者は3名でした。対象となったのは『ベイズ統計モデリング』通称・犬4匹本の第9章と10章。 ベイズ統計モデリング: R,JAGS, Stanによるチュート…

シンプソンのパラドックスと階層ベイズ

丸の内オアゾに入っている書店をぶらついているときに『データ分析をマスターする12のレッスン』という本を見つけました。最近出た学部3〜4年生向けの本のようです。パラパラと立ち読みしたところ,商学と政策の先生が書いた本で自分にちょうどよさそうなレ…

第1回 Kobe.R annex(犬4匹本 輪読会)開催しました!

2017年9月24日 大阪府立大学・なんばサテライトにて Kobe.R annex 第1回を開催しました。第1部『ベイズ統計モデリング―R,JAGS,Stanによるチュートリアル― 原著第2版』の輪読,第2部 分析ネタなんでもという構成でした。参加者は5名(+会場をご提供いただい…

大きい iPad Pro で論文を快適に読む方法

自分の中でだいたい固めることができたので、大きい iPad Pro で快適に論文を読む方法を書いておきます。最近、質的研究ばかりやっていて、R とかあんまり触っていないため、こういうネタしかないんです。 結論から まず先に結論を言うと、2017年9月20日現在…

第1回 Kobe.R 別館を開催します!

来る2017年9月24日に Kobe.R の弟分的な存在の勉強会「Kobe.R annex(別館)」第1回を開催します。小さく、緩く(いい意味で)、楽しくやっていきたいと思います。2部制にして、第1部は『ベイズ統計モデリング: R,JAGS, Stanによるチュートリアル 原著第2版…

Proximity Matching による因果効果の推定?

2017年7月30日のKazutan.Rで「Proximity Matching による因果効果の推定」というタイトルで LT をしてきました。スライドは↓ですが,R のスクリプトは少なめなので,その補足説明をここに残しておこうと思います。 https://hikarugoto.github.io/kazutanR201…

テキストマイニングの環境整備つまずきメモ

テキストマイニングをしようと決意して,その準備をしたところ,いくつかつまづいたところがあったので,そのメモを残しておきます。解決策はネット上に散らばっていて,同じようなトラブルにまたあったときのためです。なお,Mac です。 1. 環境構築の基礎…

R による整列ランク変換を使った分散分析

整列ランク変換(Aligned Rank Transform:ART)という言葉を聞いたことありますか? 私はなかったです。ART(えーあーるーてぃー。「あーと」ではない)について、Tokyo.R 第61回で LT をしてきました。補足も兼ねて ART についてまとめます。 きっかけ 先…

RMarkdown で参考文献を作るときにちょっとつまずいた話

Rを使うドキュメントはできるだけ RStudio内 で完結するように(コピペが面倒なのと,スライドも配布するPDF資料もRStudioでできるので)環境を整えているところですが,参考文献も自動で挿入できるようにしたいと思いました。やってみて,つまずいたところ…

ggdendro と PAC 分析を使ったサービス学会の発表

2017年3月28日(火)、広島県情報プラザというところで開催されたサービス学会第5回国内大会に参加してきました。仕事以外で広島に滞在したのは小学校の修学旅行ぶりです。 http://ja.serviceology.org/events/domestic2017.html 今回は研究をスタートし始…

R Markdown スライドとPDF 文章(日本語含む)作成メモ

月1回のゼミ前にRを使った統計分析の勉強会をすることになりました。せっかくなので(これまで何度か挫折した)R Markdown でやろうと思い立ち,今回は成功したので資料づくり(スライドとPDF)のメモを書いておきます。自分が忘れないように。 1)R Markdow…

旅人と RStudio

このエントリーは RStudio Advent Calendar 2016 の23日目のエントリーです。ちなみ,本日は Osaka.stan 第2回に参加してきます。 さて,私は仕事柄,出張が多く,2016年は12月末までに224泊する予定です。だいたい1日ごとに移動しています。たぶん,日本で…

ミーハー.R

本エントリーは R Advent Calendar 2016 11日目のものです。 分析ネタではありません。日曜日なので箸休め的なエントリーにしようと思います。 さて,所属している社会人大学院のゼミに2ヶ月ほど前,新しい方が入ってきました。月1回のペースでゼミが始まる1…

rstanで分析をするのに必要なR力(りょく)

Stan Advent Calendar 2016 の 4日目です。非マニア枠です。 本日のエントリーは Stan を普通に使える人、情報科学・データ科学な人を対象にしていません。少し R に慣れてきて、ベイズ統計モデリングにも興味を持ち始めた人向け。ずばりターゲットは次のよ…

5章まで読了『StanとRでベイズ統計モデリング』

昨日はJapan.Rに初参加。4〜5時間ずっとスクリーンを見ていたので眼精疲労がスゴい。8割方よくわからなかった(領域が違うので)けれど,おもしろい収穫もありました*1。 さて,『StanとRでベイズ統計モデリング』を5章まで読み進めました。私は出張が多いの…

4章まで読了。『StanとRでベイズ統計モデリング』

当初1〜8章まででいいかなと目次を見てつぶやいたら,著者の方から「10章も読んだほういい」というアドバイスをいただきました(感謝です。読むモチベーションもあがります)。ということで,1〜8章+10章を読むことを目標にします*1。自分の復習として感想を…

統計的因果推論勉強会 第5回を開催しました!

経営学系統計分析エンドユーザーのため統計的因果推論勉強会第5回を行いました。最近週休3日制を打ち出した某有名大企業の新しいオフィス内での開催で,とても楽しかったです。参加者は7名(クローズド)。 speakerdeck.com 今回は宮川本の第5章(の特にバッ…

勉強会ツールとしての R Notebooks

RStudio をプロジェクタで映すと,ソースエディタが小さく見にくいです。必要なところだけを集中して,見やすくすることってできないだろうか,という動機から,もう1つの選択肢である R Notebooks(あーるのーとぶっく*1)を使えるようにしてみました。 RSt…

R を使うための Jupyter notebook インストールメモ

【2016年9月27日追記あり(いちばん下)】 -- 土曜と日曜(2016年9月24日・25日),石川・品川の人たちと合宿に参加しました。2日目に3時間ほどのRの実習をする機会に恵まれ,つたないながらファシリテーター的な役割を務めました。ゼミは多国籍チーム(4カ…

研究法の向き不向き

昨日から「次世代知識科学特論」というすごい名前のクラスが始まった。JAIST は人間力なんとかとか,大きなタイトルが好きみたい(私は嫌いじゃない)。どういう内容なのかは興味ある人はシラバスで検索してください。 www.jaist.ac.jp この授業は,集中して…

研究ノート代わりのブログ

たまたま読んだ向後千春先生(ハンバーガー統計学・アイスクリーム統計学でおなじみ)のブログと『きょうから日記を書いてみよう 2』に刺激を受け(大人なら10分で読める本),少しずつ更新頻度を上げてみる*1。 kogo.hatenablog.com きょうから日記を書いて…

統計的因果推論の勉強会 第4回を開催しました!

毎月下旬恒例,統計的因果推論勉強会(第4回)を開催しました。今回の範囲は宮川本 第4章と星野本 第3章「IPW推定量」のところ。スライドはこちらです。 speakerdeck.com 口頭での説明を加えて進めています(スライドだけではいろいろ不足しているかと)。今…

統計的因果推論の勉強会 第3回を開催しました!

最近,ブログは月1更新。仕事と学生はなんとか両立できていると信じたい・・・。 さて,先日,「経営学系統計学エンドユーザー*1のための統計的因果推論 勉強会」第3回を実施しました。これで3回目。クローズド*2。 今回の内容は宮川本と星野本の第3章です。宮…

統計的因果推論の勉強会 第2回を開催しました!

宮川本と星野本の第2章が今回の内容です。毎月それぞれ1章ずつ読み進めています。参加者は私を含めて7人くらい。減ると思って心配していましたが,前回より増えてよかったです。 使用したスライドはこちらです。 speakerdeck.com 第2章はどちらも導入部の終…

統計的因果推論の勉強会の1回目を開催しました!

2016年5月28日に統計的因果推論のクローズドな勉強会を開催しました。参加者は5名でした。私を含め全員が非専門家ですので「学び合い」がキーワードです。 対象は下のスライドにあるとおり,経営学を学ぶ統計学エンドユーザーです。進行は,私が宮川本と星野…

統計的因果推論の勉強会の前準備

きっかけは,先月の月1ゼミでした。3時間のゼミのうち,はじめの1時間は輪読をしています。その中で私が「統計的因果推論というものがあるらしい」と情報共有をして,その後「日本社会心理学会 春の方法論セミナー」のページを紹介したところ,先生が興味を…

博士後期課程に入学しました

2016年4月から JAIST 東京社会人コース 博士後期課程の学生になりました。知識科学系です。 たぶん今後、大学院名に「北陸」が付いているから、「場所は東京なんですよ」と誤解を解くセリフを何回もする難行が待ち構えてるんだと思います。また、所属研究科…

サービス学会 国内大会 第4回@神戸に参加してきました

ここ最近、統計の勉強そっちのけでずっと参加報告ばかりですが、そういう時期なんです…。2016年3月28~29日に神戸大学で開催されたサービス学会第4回国内大会に参加しました。実際に参加したのは29日だけです。本当は2日間にしたかったんですが、仕事やら何…

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。